チーム登録

参加6+1チームは以下の通り登録されました。
※チーム登録順
☆コミッショナ短評は「せらえのSports」第1号掲載のものから加筆・修正しています。

ブルーチップ札幌クロノスターズ(CS)

監督佐野まさみ
本拠地札幌ドーム/円山球場
コミッショナ短評デタラメな出目と実力本位の編成が光る、何だかんだで優勝候補の筆頭。
秋山―落合のクリーンアップにジャイアンツ三本柱は恐るべき驚異です。
本拠地の札幌ドームは、実は今回唯一の現役球場(かつ91年時に存在しなかった)でもあります。

福岡太宰府ドリーマーズ(FDD)

監督Stawka
本拠地平和台球場
コミッショナ短評Season 3の覇者は、パ・リーグ4球団の連合チームで挑みます。
ブーマーとブライアントのBB砲に、攻走守揃った切り込み隊長の松永が絡めば大量点必至。
監督名物「マヌケ時空」は今回も炸裂するか。

西武レッドスパローズ(RS)

監督ずんだもち
本拠地西武球場

|コミッショナ短評|佐野まさみと共にゾロ目妖怪として名を馳せるSeason 2優勝者。
カープの強力先発陣にライオンズ・オリオンズのバランスが取れた野手の面々で、野球リーグ戦の連覇を狙います。|

なにわシーシェパーズ(SS)

監督Yan
本拠地藤井寺球場
コミッショナ短評「虎とクジラに獅子に野牛だもの、これしかないでしょう」とは監督談。
野茂率いるバファローズ先発陣と、「何でこれでリーグ下位?」と聞きたくなるタイガース・ホエールズの野手は爆発力十分です。
となると泣き所はやはり…?

川崎コズミックアームズ(QA)

監督寿蘭々
本拠地川崎球場
コミッショナ短評今回のドラフトである意味最も成功したのがこのチームです。
大野―古田の規格外バッテリーを軸に、攻撃面では参加球団随一の機動力で暴れまくります。
最終的な盗塁数が一体幾らになるか、私も予想がつきません。

大東海ドラゴノーズ(DD)

監督ぐっち
本拠地ナゴヤ球場
コミッショナ短評今回がGM 杯初参戦のぐっち氏は、ほぼセ・リーグ純正の編成で挑みます。
毎回初参戦監督が好成績を残すGM 杯にあって、天性の引きの強さがどこまで発揮されるかは注目に値します。
しかし何で今回、本拠地はことごとくこんななんだ?*1

城東マグニフィシエンツ(JM)

監督farlanx
本拠地東京スタヂアム
コミッショナ短評コミッショナのワガママってことで、ドラフトから漏れた選手の選抜チームであります。
名物の総力戦野球は未だに健在。
リーグ戦終わったらおまえら首を洗って待っておれよw

*1 答え:コミッショナが悪い

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017/02/08 (水) 07:37 (646d)