第2節

開催日 2012/04/29 <札幌逍遥庵内で開催>
開催場所 札幌西区民センタ

CS Vs DD

第1戦 @札幌円山球場

DD
CS
木田 1勝
郭 1敗
落合 3号 宇野 3号
広沢 2号

Commitionner's Pick Up!
恐怖のダブルクリーンアップ
ホームラン打者がスタメンに4人いるとい 何とも反則なクロノスターズ打線ですが、佐野監督はこの3連戦、敢えてこのうちの二人―大豊と宇野の二人を一貫して7番〜9番の下位打線においています。^ この起用がピッタリはまったのがこの試合。結果的に止めとなる4点目を膠着状態から叩き出したのは、7回の先頭打者だった宇野のひと振りでした。
こういう打線の組み方は得てしてダブルクリーンアップを繋ぐ5番6番が弱点になるものなのですが、今回その役目を担ってるのはリードオフマンとして申し分ない苫篠誠と立浪。弱点とみられていた捕手の光山までがきっちり打席で仕事をしたんでは、まあこの次の試合のような一挙6点のビックイニングも発生するわけでして。

第2戦 @札幌ドーム

DD
CS
槙原 1勝
アンダーソン 1敗
大豊 2号
池山 2号

第3戦 @札幌ドーム

DD14
CS
小松 1勝
香田 1敗
角 1号 池山 3号 柳田 1号 広沢 3号 苫篠賢1号

RS Vs FDD @西武球場

第1戦

FDD
RS
北別府 1勝
角 1敗
ブライアント 3号

第2戦

FDD
RS
長富 1勝
松浦 1敗

第3戦

FDD
RS
武田 1勝
小島 1敗
清原 3号

Commitionner's Pick Up!
太宰府から都もとい本塁は遠く

ここまで開幕6連敗のドリーマーズ、通してみると当たり前ですが得点の低さが目立ちます。ただ、相手投手に手も足も出ないという展開には決してなってはおらず、安打数などは対戦相手を上回っている試合も結構あります。
本当の病巣は所謂タイムリー欠乏症というやつでして、とにかくチャンスで抑えられる。投手にいい目を出されると基本的には打つ手がないBIG野球のルールだと仕方ないと言えばそうですが、Stawka監督の「残塁ばかり稼いでも得点にはならないよ」の嘆きもごもっとも。
本拠地の平和台球場は都から左遷された菅原道真公ゆかりの地であります。そろそろ都の藤原氏に叩きつけられた雷よろしく、BB砲や松永をはじめとした打線の奮起に期待したいところです。野手と対照的に、投手陣はそれなりに相手を抑えてはおりますので。

QA Vs SS @川崎球場

第1戦

SS
QA
佐々木 1勝
今野 1敗
屋敷 2号 岡田 1号
佐々木 (3)

第2戦

SS
QA
5回表 雨天により試合中止

Commitionner's Pick Up!
…またか貴様ら
BIG野球のルールは熱闘12球団と比べるとノーゲームの発生確率は低く抑えられており、具体的には打席毎に1/(20X20X4)=1/1600、だいたい0.07%位になっております。
GMCコミッションもこれを見越して、「まあだいたい今回は全体通して2回か3回雨天中止が出ればいい方だろう」*1と思っていたのですが、蓋を開けてみればKONOZAMA。開始2節にして2回目の雨天中止は、さすがの私も参加者各位を甘く見ておりました。
少々個人攻撃になりますが「元祖マヌケ時空」ことStawka監督が、この2試合共絡んでいないというところが、これから先そこはかとなく不安だったり戦々恐々だったり。

第3戦

SS
QA×
園川 1勝
山崎慎 1敗
金村 1号 山本和 2号

*1 Season4は全球団オープンエアーの球場[札幌ドームでも試合続行不能のトラブルが起こったとして扱う]を使用していることもあり、過去に比べて中止回数は多くなる見込みでした

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017/02/08 (水) 07:37 (646d)